【2021年決定版】マンガが読める電子書籍のおすすめサービス3選

家で楽しみたい

【2021年決定版】マンガが読める電子書籍のおすすめサービス3選

スポンサーリンク

・家にいる時間が増えたし空き時間にマンガでも見たいな

・でも買うのもだるいし、荷物になるしなぁ

・最近まんがアプリのCM見るけど使ってみようかな

・電子書籍ってどんな感じなの

・オススメとかあるのかな

 

在宅ワークや休業の影響で家にいることが増えてきた人も多く、時間を持て余してる人はこういった悩みがあるのではないでしょうか?

 

断捨離も流行って昔のマンガが出てきて読み返している。なんて人も多いはず。

 

今日は以下の内容に沿って、電子書籍について解説していきます。

 

本記事の内容

  • おすすめマンガアプリの紹介
  • 電子書籍のメリット・デメリットを紹介
  • マンガ以外も楽しめるサービスを紹介

 

ぼくは普段は副業ブロガーとして活動しており、朝4時起きでブログ執筆、本業から帰ってきてからもブログ執筆、もちろん休日もブログ執筆と休みなく作業をしています。

 

そんなぼくの休憩時間の楽しみがマンガを読むこと

ぼくは最新マンガを読むというよりは青春時代に読んだ本をメインに好きなマンガは何回でも読み返すタイプです。

 

しかし、『マンガを取りだして読む』作業には時間もかかり効率的ではないことが悩み。

 

もっといい方法はないかと情報収集している中で【電子書籍サービス】と出会い、今では複数登録して、空き時間に好きなマンガを楽しんでいます。

 

あなたの好きなマンガがすぐに見つかるよう、約5分程で解説していきますのでお付き合いいただけると幸いです。

 

 

マンガが読める電子書籍おすすめ3選

マンガが読める電子書籍おすすめ3選

 

現在、マンガが読めるサービスは戦国時代にあり、乱立している状態です。

 

あなたを悩ます由々しき事態となっておりますが、逆を言えば個人それぞれにあったサービスを選べるという見方もできますね。

 

そんな中、これからサービスを利用したいと考えるあなたに悩むことなくスッと決めることができるように3つに絞り込むことにしました。

 

それが以下の3つです。

 

 

BookLive!

 

2020年、女優の橋本環奈さんのCMで有名になりましたね。

 

運営会社は『株式会社Booklive』ですが、親会社が『凸版印刷株式会社』と超有名大手企業ということもあり設立当初から安心のサービスを提供しています。

 

料金体系としては1冊ごとの購入ということもあり、ユーザー目線で言えば「まとめ買いで安くしてほしい」といったところ。

 

ただ作品数や新旧関わらず網羅的にカバーしていることを考えると利用する価値アリです。

 

ぼくも経験があるのですが、「昔めっちゃ読んだ○○は無いのかぁ。読みたい本が無いならもうこのアプリはいいや。」といったジレンマに陥ることはないので高評価。

 

読みたいマンガが読めないってかなりストレスになりません?

ストレスを感じない点は大きな加点、安心して使えるサイトと言えます。

 

⇩利用はコチラから⇩

BookLive!へ移動

 

コミックシーモア

 

こちらもNTTのグループ会社が運営しているということで安心感はあります。

 

料金体系は『月額コース』『ポイントプラス』の2つです。

 
月額コースは毎月会費を払うことでポイントが与えられ、ポイントの範囲内でマンガが読めるという仕組みになります。

 

コミックシーモア月額コース
 
コミックシーモアより抜粋

 

ポイントプラスは、都度ポイントを購入することでマンガが読めるという仕組みになります。

 

コミックシーモアポイントコース
 
コミックシーモアより抜粋

 

どちらもボーナスポイントが付与されるのでお得感がありますね。

 

作品数は73万冊以上で無料コミック数は12590冊もあるので無料で使ってみてから判断してもいいと思います。

 

 

⇩利用はコチラから⇩

コミックシーモアへ移動

 

eBookJapan

 

最後にeBookjapanですが、運営は1部上場企業の『イーブックイニシアティブジャパン』という会社で電子書籍の分野では最大手の企業です。

 

作品数は約65万冊(うち無料:2000冊)とコミックシーモアよりやや少なめですが、マンガに特化しているサイトなのでマンガを求めるならeBookjapanで間違いないです。

 

料金としては1冊ごとに違うので読むたびに購入する体系になっています。

 

Tポイントカードと連携できるのも地味にありがたいポイントでもあります。

 

 

⇩利用はコチラから⇩

eBookjapanへ移動

 

マンガを電子書籍で読むメリット・デメリット

マンガを電子書籍で読むメリット・デメリット

 

次にマンガを電子書籍で読むメリットとデメリットを解説していきます。

 

マンガを電子書籍で読むメリット

 

まずはメリットから。

 

メリット

・通勤や仕事の合間でもスマホ・タブレットがあれば読める

・本棚不要なので家が広くなる

 

なんといってもスキマ時間に場所を選ばず読めること。

忙しいサラリーマンの至福の一時を職場でも可能にするのは人生においてもプラスとなります。

 

また本棚いらずなので場所も取らない、日焼けや色あせることもありませんね。

 

マンガを電子書籍で読むデメリット

 

次にデメリット。

 

デメリット

・そもそも紙で見たい人にとってはいいことなし。

・今まで持っていたマンガの処分が手間

 

30代、40代のサラリーマンだと紙のマンガのようにページをめくりたいという人も多いはず。

 

そういった方には電子書籍は物足りないと感じるでしょう。

 

また電子書籍に切り替えたら、これまで集めたマンガの処分に困りますよね。

処分するかどうか悩むのもじれったい。

 

とはいえ場所を取ってしまうのも事実。

すぐ決断して、処分。

そして電子書籍を楽しむのが1番ストレスなく楽しむ方法と言えるでしょう。

 

マンガはもちろん不要なモノを処分するにはネット宅配買取が楽チンです。

おすすめはコチラ⇩

 

雑誌や小説、動画も見れる有料サイトを紹介

雑誌や小説、動画も見れる有料サイトを紹介

 

ここからはマンガ以外も読みたいと考えているあなたに向けてさらにおすすめのサイトを紹介していきます。

 

マンガだけで十分という人はここで閉じてもらってOKです。

 

早速紹介していきます。

以下の2サイトです。
 

マンガ以外も充実してるサイト

 

Kindle Unlimited(amazon)

 

まずは電子書籍の王道中の王道、amazonのKindle Unlimited

 

マンガはもちろん、小説やビジネス書、雑誌も読めるオールラウンダーです。

 

今やサラリーマンの必須アイテムになりつつあるのではないでしょうか。

 

サラリーマンはこれ一つで通勤中のイヤな時間を間違いなくプラスに変えてくれます。

 

ただただ電車に揺られてうつな時間を過ごすくらいなら好きな本を読んでいたほうが精神的にも余裕が生まれますよ。

 

30日間の無料体験もできるので1ヶ月間、通勤で試してみるべき。

 

⇩利用はコチラから⇩

Kindle Unlimitedへ移動

 

U-NEXT

 

本というよりは動画配信サービスのイメージが強いU-NEXTですがこちらも小説やライトノベルが読める優れモノ。

 

動画だけでなく本も読めるので映画鑑賞も趣味である人(僕がまさにそうです)にとっては使い勝手のいいサイトになります。

 

U-NEXTも無料体験ができるので動画とともに無料で試してみてください。

 

⇩利用はコチラから⇩

U-NEXTへ移動

 

自宅で映画を観るなら動画配信サービスで!【厳選6選!徹底比較!】

 

好きなマンガをいつでも読むなら電子書籍を使うべき

好きなマンガをいつでも読むなら電子書籍を使うべき

 

ネット全盛の今、マンガは電子書籍で読むのがあたりまえになりつつあります。

 

場所を選ばない電子書籍サービスを使っていないのはもはや貴重な時間を損をしていると言っても過言ではないです。

 

好きなマンガを億劫な通勤時間に読んで少し人生に彩りを加えてみるのもいいのでは?

 

それでは

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ユースケ

2年目ブロガー|35歳1人娘のパパ|6月2児のパパに|朝4時起きで積み上げ|コツコツ継続だけが強み|アフィリエイト開始1週間で5桁の案件販売に成功!|中身は普通のサラリーマン|ブログ・投資に邁進中|趣味はゴルフ

-家で楽しみたい

© 2021 なんブログ Powered by AFFINGER5